TopIto, Yoko 伊藤 洋子

Yoko's poem works

伊藤 洋子 の 詩

火を持って墓へ行く

墓へ行く
小雨の中 墓へ行く
祖母の眠る墓へ行く
祖父の眠る墓へ行く
母の眠る墓へ行く
姉の眠る墓へ行く
五年振りに墓へ行く
花を持って墓へ行く
水を持って墓へ行く
米を持って墓へ行く
線香を持って墓へ行く
お菓子を持って墓へ行く
火を持って墓へ行く

細い道を通っていく車
何度目かの車
去年もおととしもその前の年も
ひとりで墓参りをしていた父
小さな門に刻まれた文字
鐘打霊園
かねうちれいえん
車をおりる
風が吹いている

母はこのすぐ傍で産まれた
墓のすぐ傍で産まれた
今は誰も住んでいない
今は誰の土地でもない
私はずっと黙っていた
母がこのすぐ傍で産まれた
私は誰にも話したくなかった
私は誰かに話したかった
母は墓の傍で産まれた

今年は十三回忌
十三年前に母は戻ってきたのか
母は戻ってくることはなかった
門を隔てたこちらとあちら
私は歩く
どこまでも歩いていく
どうしても歩いていけない
母はこのすぐ傍で産まれた

墓へ行く
五年ぶりに墓へ行く
水を持って
火を持って
墓へ行く
母の眠る
墓へ行く

library

list

伊藤 洋子の詩
一覧

Yoko's poem works

poem

Top events Yoko
Ma_ho_Ma_ho_Family
まほまほファミリー
今後の活動
今までの活動
伊藤 洋子
詩人

navi » サイト内ナビ

inserted by FC2 system